メイク, 学校, 教育

音楽専門学校で学べる幼児教育「リトミック」

昨今、身体の感覚で音楽を学ぶ「リトミック」が注目を集めています。リトミックは、音楽教育家ダルクローズが開発した音楽教育の手法。知識や技能を鍛えるだけでなく、感覚器官をフルに使って学ぶことを大切にしています。リトミック教育を利用する分野は広がっており、幼児教育の一環として取り入れている機関が増えています。

幼児の情操教育以外にも、音楽大学に通う学生や表現力を磨きたい演劇人にリトミック講習を必須として受けさせる先生もいます。また、障がい児教育においてもトレーニング効果が発揮されており、今後もますます注目すべき分野と言えるでしょう。そんなリトミック教育の広がりを受け、数多くの教室や講座が設けられています。特に、幼児リトミック教室の指導員の需要は増えており、リトミックを専門に学べる音楽専門学校もあります。

幼児教育のエキスパートを育てるためのカリキュラムが充実しており、指導員の資格を取得することができます。リトミック指導員を養成する音楽専門学校では、さまざまな分野で活躍する人が学んでいます。ピアノの先生や幼稚園の先生、福祉分野の職員や学生、キャリアチェンジを目指すOLさんもいます。リトミックの方法論は、今持っているスキルと併せて、新たな発想を生み出します。

「楽しい」という気持ちを引き出すことで、学ぶ人と教える人の意欲が高めることができる教育は、大きな可能性を秘めていると言えます。音楽専門学校が主催する定期講習会もあるので、一度体験してみてはいかがでしょうか。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です